なぜ無料で利用できるの?

看護師の転職支援サービスのほとんどが無料で利用できます。
なぜ無料なの?と怪しんでいる人もいるかもしれませんね。
そこで簡単にその仕組みをご紹介しておきます!

例えばあなたが転職支援サイトを利用し、転職に成功したとします。
新しい職場での年収が500万だったとしましょう。

紹介会社は「成果報酬型」で病院から手数料をもらいます。
概ね20%が相場です。
あなたが500万で新しい職場に転職すれば、紹介会社は100万円前後の報酬を「求人先(クリニックなど)」から受け取ります。
紹介会社、支援サイトは「報酬」を「転職した時」に企業から貰うわけですから、早期で辞めてもらわないように良質の求人だけをご紹介し、給料面でもなるべく有利な条件で働けるようにサポートしてくれるのです。

紹介会社、支援サイトを使うメリット

出来るだけ年収も高くなるように給料や手当についても交渉してくれる
(⇒年収の何割かをクリニックから成果として貰う為)

本当の意味で良いクリニックを紹介してくれる
(⇒離職率の高い職場でなく、条件が良い求人のみを紹介してくれ、職場風土や環境も教えてくれる)

面談のフォローや書類関係もサポートしてくれる
(⇒志望動機や自己PRの他、事務手続きもフォロー。面接への同行までしてくれる会社もある)

一般には公開できない非公開求人を紹介できる
(⇒応募が殺到すると予測できる求人などは非公開で登録者だけ閲覧できるようになっています)

では、求人先(病院など)のメリットは何でしょうか?
求人先のメリットは下記のような事が考えられます。

病院側メリット

書類選考などの時間を取られない
欲しい人材うや条件に合う人だけを集めれる
希望に沿わない場合は人材会社を通じて断れる
成果型だから安心

病院側は「具体的な欲しい人材」にマッチする人を探せられるというメリットもありますし、書類選考などの膨大な時間のかかる業務を任せられるので、良いクリニックや病院はハローワークなどを使わず、支援サービス会社を利用するのです。

35歳くらいで自動車免許をもった病棟勤務経験のある看護師さんが欲しい
40歳までで看護部長としての経験が3年以上ある人材が欲しい

・・・などのように具体的な「欲しい人材」を支援サービス会社が探してくれるので、面接までの「書類選考」や「経歴」などを調べなくて良いのです。

お互いに「メリット」があるので、看護師さんは利用は無料なのです。

紹介会社も「成果報酬」で受け取るため、転職に際しても「給料面」でも良い条件になるように求人先と交渉してくれますし、すぐに辞められては困るので「働きやすい、希望とマッチした求人」だけを積極的に提案も行ってくれるのです。